カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】
カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】 カップメンダコ【カップらーめんのフタ】

カップメンダコ【カップらーめんのフタ】

¥3,024 (税込)

素材
合成樹脂、食品衛生法認可塗料
サイズ
W:99×D:97×H:21 mm
etc

作家紹介

穴をふさぐタコ

メンダコは、ギュンと浮き上がり、フワリと舞い降ります。海底に降りる時、たまたまそこにカップらーめんが置いてあったとしたら、ちょうど乗っかるのではないかと思ってカップらーめんのフタにすることにしました。 市販の即席カップめんのフタはシールこそ標準装備ですが、それでは足りずに隙間だらけで、すべてを塞ぎたくなる衝動に駆られます。カップメンダコをカップめんに乗せるだけで、8本の足で隙間を塞ぐ快感を得られます。

カップの深さ11000メートルまで対応

市販の即席カップめんノーマルサイズのフタに最も適応し、ミニサイズにも適応できます。残念ながらビッグサイズやキングサイズ、赤色や緑色のようなカップではスープの中にメンダコが落ちてしまう場合がありますが、カップの深さに関してはなんと11000メートルまで対応しています。 これは、海の最深部とほぼ同じ深さのカップにフタをできるということになりますが、なぜかそこにこだわりました。

ペーパーウェイトに

日常でカップメンダコが実際にカップめんのフタになるシーンは意外と少なく、テーブルやデスクの上に鎮座することが多いと思いますが、そのままメモなどに乗せればペーパーウェイトとして活躍します。重さは75gと書道の文鎮としては頼りなさがありますが、大切な書き置きなどを残す場合は相手に見逃せさせないアクセントになります。

TOPにいっとく〜