ぬいぐるみ工房nuwasu

サメにクラスパーを作るほどリアルに

本物に出来るだけ似せたぬいぐるみを作りたいです。木綿やデニム生地などさっぱりした布を使うことで細部まで再現しています。

陶器からの華麗でもない転身

陶磁器の企画デザインの仕事を2011年に退職し、この機会に一人でできるものづくりをしようと思い、ぬいぐるみを選びました。焼物と違って、布と糸なら失敗してもやり直しが利くし、やるだけやってみようと思って今に至ります。元々サメが好きだったので最初に12種類のサメを作ったら、予想以上に反響が良かったのが始まりです。

見えている部分は全部作る

ちゃんと、本物と同じようなぬいぐるみが欲しかったのです。サメのエラの数や色、クラスパーの有無まで。でも本当に難しいのは、生き物の体の美しい流線型を再現することだと思います。きれいな体の生き物は、何度試作しても本物とはどこか違う気がします。いつまでも学び続け、作品を良くして行きたいです。

足踏み改造ミシンが愛機

義母から譲ってもらった足踏み改造ミシンで作ってます。細い箇所や最後の仕上げは手縫いです。

お客様へメッセージ

基本的に洗濯できます。中までしっかり乾かしてください。

ぬいぐるみ工房nuwasu

熊本県出身岐阜県在住1976年生まれ女性

熊本県出身岐阜県在住1976年生まれ女性

pagetop
TOPにいっとく〜